正社員になると有給休暇は何日もらえる?

 

今はアルバイトですが、正社員になれたら有給休暇取得の権利はどの様に得られますか?



 有給休暇は一般に正社員ならではの魅力的な権利と受け止められています。
その有給休暇には法律に定められたルールによって付与されますが、条件としてはまず、入社してから半年以上継続して勤務していなければなりません。

 

 さらにもうひとつの条件としては、全労働日の80%以上を出勤していなければなりません。これらの2つの条件を満たした上で、それ以降は10日間の有給休暇をもらえることになるのです。

 

 ここで気になるのが、その半年間の間正社員であったか、そうではなくてアルバイトであったか、その違いによってこの半年という期間がどうカウントされるか?という疑問です。
 たとえば、最初の数か月はアルバイトで、半年経過する少し前に正社員として雇用された場合は果たしてこの有給休暇取得の権利が得られるのかどうか?という点です。

 

 答えはイエスです。これは、たとえアルバイトの期間があったとしても、半年間の継続勤務と80%以上の出勤の条件を満たしていればそれ以降10日間の有給休暇をもらえることになります。
 つまり正社員になるまでのアルバイトであった期間も半年の中にカウントされるということです。

 

 それから、有給休暇は勤務年数が経過するほどに日数が増えて行きます。
6か月で10日、1年6か月で11日、2年6か月で12日、以降は一年経過するごとに二日ずつ日数が上乗せされ、その上限は年間20日までと法律で定められています。

 

 また、消化しきれなかった有給休暇の日数に関しては翌年度に限り繰り越すことが可能となっています。
ただし、繰り越し分を含めての有給休暇日数の上限は40日となっています。

 


ホーム 正社員になる為の5つの転職ポイント おすすめ求人サイト