引き止めてくる会社に、あなたはどう対峙しますか?

決まり文句を決めておく

 

 「会社を辞めることをやめるつもりはありません」、「お願いですから、退職させてください」、「この日に退職します」など、何でもいいので、決まり文句を決めておきましょう。難しい言葉や、理屈・理由をこねくり回す必要もありません。

 

 決まり文句は、会社や上司から引き止められた時に必ず言うようにします。常にその言葉を使い、そして、使い続けましょう。

 

 あっちに行ったりこっちに行ったりせず、一貫性を持たせることが重要。気持ちや意思を貫き、その姿を常に見せておけば、きっとどこかで諦めてくれるはずです。

 

退職まで手を抜かないと約束

 

 穏便に事を済ませ、できるだけ円満な退職に持っていくために、退職までの作業に手を抜かないことも会社側と約束しておきましょう。

 

 引き止められると自分の意見だけを押し通そうとしがちになります。そうすると、会社側も同じように自分の意見や主張を押し通そうとしてくるので、堂々巡りとなり時間の無駄。退職までの作業、例えば引き継ぎなどを手を抜かずにやると約束すれば、「そこまで言うならしょうがない」と向こうも折れやすくなるのです。

 

 会社のこともしっかりと考えているように見せるテクニックは、引き止められた時にはとても有効。それを織り交ぜながら対応していきましょう。

 

諸々諦めることも必要かもしれません

 

 会社から引き止められてしまったら、その時点で、「何か諦めなければならないかもしれない」と覚悟しておきましょう。

 

 何を諦めるかはその時々によります。会社の状況や上司の態度、あなた自身の置かれた状況によっても変わってくるはず。例えば、円満退職。相手が怒りっぱなしであれば、どこかのタイミングで円満退職になることを諦め、淡々と退職へ向けて動かなければならないことも出てくるかもしれません。

 

 酷い場合には給料も諦めの対象となるでしょう。会社側が、「今辞めるなら給料は払わない」と言えば、これは違法行為ではありますが、諦めることで辞められるなら、それも仕方がないと考えることも必要になってくるのかもしれません。

 

 

関連記事


ホーム 正社員になる為の5つの転職ポイント おすすめ求人サイト